の経営破綻

【解説】バブル経済(日本では80年代から)って何?不動産、株式などの市場価格の動きが大きい資産の取引価格が過度の投機により実体経済の本当の成長を超過してもなお継続して高騰し、最終的には投機による下支えができなくなるまでの経済状態を指すのである。
実は我が国の金融・資本市場の競争力等を強化する為に進められた緩和のほか、金融制度の更なる質的向上が目標とされた取組や業務等を積極的に促進する等、市場環境と規制環境の整備が常に進められているのです。
必ず知っておくべきこととして、株式について。社債などと異なり、出資証券(つまり有価証券)であり、その株の企業は出資した(株式を購入した)株主に対しては返済する義務は発生しないのです。そのうえ、株式は売却によって換金できる。
北海道拓殖銀行が営業終了した1998年12月、総理府(現内閣府)の外局として国務大臣を組織のトップである委員長にすることとした新しい組織、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(のちに金融庁)は平成13年1月の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に3年弱据えられたことになる。
いわゆる金融機関の信用格付けって何?格付会社が金融機関、そして社債などを発行する会社などの、支払能力などの信用力を一定の基準に基づき評価する仕組み。
いわゆる「重大な違反」、またはそうではないのかは、金融庁において判断するものだ。大部分のケースでは、細かな違反がずいぶんとあり、そのあおりで、「重大な違反」判断するということ。
郵政民営化に伴い誕生したゆうちょ銀行から受けることができるサービスについては郵便局時代の郵便貯金法の規定に基づく「郵便貯金」と異なる、銀行法(昭和56年6月1日法律第59号)の規定による「預貯金」を根拠とする商品である。
【解説】株式の詳細。出資証券(有価証券)であって、株式を発行した企業は株式を手に入れた者に対しては出資金等の返済しなければならないという義務は発生しないのです。もうひとつ、株式は売却によって換金できる。
格付けによる評価の長所は、膨大な財務資料を読めなくても格付けによって、その金融機関の経営の健全性が判断できるところにあって、また、ランキング表で複数の金融機関の健全性を比較することも可能ということ。
最近増えてきた、スウィーブサービスとは何か?開設している銀行預金口座と証券の取引口座の間において、株式の購入資金や売却代金などが自動的に振替される画期的なサービスである。同一金融グループによる優良顧客を囲い込むための作戦である。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や短期金融資産などで主に運用される投資信託のことを言います。あまり知られていないが取得ののち30日未満に解約希望の場合、その手数料に罰金分も必要となることを忘れてはいけない。
西暦1998年12月に、当時の総理府の内部部局ではなく外局として大臣を組織の委員長に据える機関である金融再生委員会を設置し、のちに金融庁となる金融監督庁は平成13年1月の金融再生委員会廃止まで、その管理下に3年弱位置づけされていた過去がある。
いわゆるペイオフとは何か?防ぎきれなかった金融機関の経営破綻による破産によって、金融危機に対応するための法律、預金保険法で保護されることとされている預金者(法人等も含む)の預金債権(預金保険法の用語)に、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事である。
つまりスウィーブサービスについて。今までの銀行預金口座と同一金融グループの証券取引口座の間なら、株式等の資金や利益などが手続き不要で振替してくれる便利なサービス。同一の金融グループによる顧客囲い込み戦略である。
タンス預金の盲点⇒物価が上昇している(インフレ)局面では、インフレ分相対的に価値が目減りするという現実。生活に必要なとしていない資金⇒安全かつ金利が付く商品に資金を移した方がよい。

広告を非表示にする